「タッカーとデイル」 感想・ネタバレ【Amazonビデオ】

Amazonビデオで視聴できる映画を紹介しています。
時期によってはプライム特典から外れたり、視聴ができない場合がありますのでご了承ください。

今回は「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」を視聴したので感想をまとめます。


Amazonビデオ「タッカーとデイル」

作品概要

作品名 : タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
公開年 : 2012年
再生時間 : 1時間 28分
注意点 : R15指定

[作品の特徴]

  • ホラーコメディ
  • スプラッター表現あり
  • まるでお笑いコンビ「アンジャッシュ」のコント!?

[ザックリあらすじ]
タッカーとデイルという親友同士が休暇で別荘の山小屋へやってきた。
同日、ある大学生グループがキャンプにやってきてタッカーとデイルを殺人鬼だと勘違いする。

大学生のうちの一人が川で溺れたところをタッカーとデイルが助け、それを目撃した大学生たちが誘拐だと誤解する。
誘拐された(と思っている)仲間を助けようと、大学生たちはタッカーとデイルに挑むが次々と死んでいってしまう。

本当は気のいいタッカーと心優しいデイルだが、その運命やいかに…!

[メインキャスト]

役名 役者
デイル タイラー・ラビン
タッカー アラン・テュディック
アリソン カトリーナ・ボウデン
チャド ジェシー・モス

ネタバレを含む感想

スプラッター映画で人がたくさん死んでしまうのにこんなに笑える映画ってある!?
最初にあらすじを読んだ時は「ホラーコメディ」とはなんぞや?という感じでしたが観て納得。
これは本当に、お笑いコンビ「アンジャッシュ」のようなすれ違いコントのようです。

殺人鬼に見える善良な人間 VS その土地の噂から2人を勝手に殺人鬼と思い込む大学生たち

どうぞお楽しみください笑

スプラッター度 ★★★★★

ひどい!大学生の死に方が本当に残酷!
スプラッター映画初心者にはオススメできません!
ってくらい生々しい表現が満載です。

「13日の金曜日」も結構なスプラッター映画ですが、あれって基本夜の出来事が多いじゃないですか。
だから遺体の状況もはっきり分からなくなっていますよね。
でもこの映画は真っ昼間の惨劇なので、残酷な遺体の状況とかはっきり映ります。
「バイオハザード」や「SAW」が見れるなら全然平気だと思います。

笑える度 ★★★★☆

大学生たちの一人一人の死に方は本当に残酷なのですが、タッカーが大学生を助けようと思って行動する姿が更に猟奇殺人鬼に見えてしまってそれが何故か笑えてしまうんです。
なんか残酷なのに笑えるって不思議な感じだなぁ。

デイルよりもタッカーの意図せぬ殺人鬼っぷりは本当に面白いです。
個人的には、コントにしか見えないチェンソーの件が1番笑えました。
いや、笑えたとか言っていいのかなこれ。
まるで私が変態みたいじゃないか。。。

オススメ度 ★★★★☆

いや〜〜これは本当に良く出来たコント…いやいや、作品だと思いますよ。
あんなに散々人が死んでいるのにハッピーエンドで終わるのがすごい笑

スプラッター映画が好きでまだ見ていない人は是非観るべきですね!
逆にスプラッター映画初心者の方にはちょっと刺激が強すぎるかもしれません。

ストーリーも「まさかの真実」が用意されていたり、ただ笑えるだけではなくちゃんと作り込まれたストーリーになっています。
時間もさほど長くないのでサクッと視聴できるのでオススメです。

こちらの作品はAmazonビデオで視聴できます。
Amazonビデオで「タッカーとデイル」をチェック!

「映画(感想・ネタバレ)」記事一覧へ

ホームへ戻る


Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。