「ヘンゼル&グレーテル」感想・ネタバレ【Amazonビデオ】

スポンサーリンク

Amazonビデオで視聴できる映画を紹介しています。
時期によってはプライム特典から外れたり、視聴ができない場合がありますのでご了承ください。

今回は「ヘンゼル&グレーテル」を視聴したので感想をまとめます。


Amazonビデオ「ヘンゼル&グレーテル」

作品概要

作品名 : ヘンゼル&グレーテル
公開年 : 2013年
再生時間 : 1時間 27分

[作品の特徴]

  • アクション,アドベンチャー
  • 童話「ヘンゼルとグレーテル」をかなり誇張させた物語
  • 魔女にクリーチャー感があってすごい本格的

[ザックリあらすじ]
両親に山に置き去りにされたヘンゼルとグレーテルの15年後のストーリー。
魔女ハンターになった兄妹が、魔女が企む「子どもを利用した儀式」を阻止するために魔女軍団と戦います。

ストーリーが進むにつれ明かされるヘンゼルとグレーテルの幼少時代の真実とは…?

[メインキャスト]

役名 役者 吹き替え声優
ヘンゼル ジェレミー・レナー 桐本琢也
グレーテル ジェマ・アータートン 甲斐田裕子
ミュリエル ファムケ・ヤンセン 日野由利加
ミーナ ピヒラ・ヴィータラ 佐古真弓

※Amazonビデオでは字幕のみです

ネタバレを含む感想

ヘンゼルとグレーテルの童話をアクションに誇張した映画で、正直見る前は「所詮B級品レベルっしょ」くらいにしか思っていなかったのですが、見事に予想を裏切られましたね!

ストーリーもしっかり作り込まれていて、ヘンゼルとグレーテルが親に捨てられた理由も原作からかけ離れていますが良く練られた理由になっています。
またその理由を最初に出さないのが良いですね。

徐々に明らかになっていく2人の過去にも注目です。

アクション度 ★★★★☆

魔女が出てくるのでもちろん魔法を使ったアクションが含まれるのですが、主人公サイドは人間なので魔法対決ではなくしっかり格闘が混ざったアクションになっています。

魔法対決だったらそれほど感動はなかったのですが、やっぱり素手や武器を使ったアクションが1番かっこいいなー!
バイオハザード(映画・ゲーム)が好きな人は絶対好きだと思う!

またそのアクションがキレもあるし爽快感があってすごくかっこいいのですが、ヘンゼルとグレーテルの無双感だけじゃないのもリアルで素晴らしい!

クリーチャー度 ★★★★☆

これはクリーチャーが出てくるアクション映画好きの人には超オススメしたい映画!
魔女の容姿のクオリティーがめちゃくちゃ高くてクリーチャー感がハンパないです。

魔女が怒った時や本気を出す時にぐわぁ〜〜ピキピキ〜(語彙力←)と顔が豹変するのですが、きっと元の女優さんがとても美しいから余計に魅力を感じるんだろうなぁ〜(*^^*)
グレーテルも含め美人揃いの作品ですよ!

オススメ度 ★★★★☆

最初は「これヘンゼルとグレーテルの話にする必要ある?」と思うくらいに、主人公たちの名前を変えてこの作品だけで十分独立できるな〜と思っていたのですが、逆に「原作の先入観があるからこそ楽しめる作品」だなと思いました。
世界観ににもスッと入り込めますしね!

「視聴者の予想を裏切り、期待に応える」素晴らしい作品です。

※注意※
この作品は特にR指定はありませんが、人や魔女の死に方に残酷描写が含まれます。
あまり現実的な死に方ではないのでトラウマレベルになることはないと思いますが視聴の際は自己責任でお願いします。

こちらの作品はAmazonビデオで視聴できます。
Amazonビデオで「ヘンゼル&グレーテル」をチェック!

「映画(感想・ネタバレ)」記事一覧へ

ホームへ戻る