キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜第2部 53話ネタバレ・感想【comico】

キミのとなり。感想・ネタバレ

スポンサーリンク

キミのとなり。第2部 52話のおさらい

第2部 52話ネタバレ・感想へ

スポンサーリンク

キミのとなり。第2部 53話のネタバレとあらすじ

所変わって春人宅

第2部 51話ネタバレ・感想の続きの春人サイドになります。

 

自分の部屋に戻った春人。

 

『でも…ハナから話せないってことはさ、良子が信じてくれないっていうよりお前の方があいつのこと信用してなかったってことじゃない?』

 

「はぁ…オレが良ちゃんを信じてなかったとか…そんなつもりはなかったんだkどな…」

 

ため息をついて頭を抱える春人。

 

─オレが何も覚えてない状態で誤解をされて拗れたりしたくなかった

良ちゃんが好きだから言えなかった…

でもあの時…すみれさんちに泊まったことを伝えた時…

 

春人はその時の良子の反応を思い出す。

 

『怒れないよ。春人が一人でいたくなかったのは私のせいでもあるし…ごめんね』

 

─良ちゃんは怒ったりせずにきちんと理由を聞いてくれて、悪くないのに謝ってくれた…

オレがあの時隠さずにちゃんと伝えていれば…

話くらい聞いて貰えたかもしれない…

少なくとも今日みたいなことにはならかった…

オレのせいだ─

 

「あーもう、どうしたらいいんだよ」

 

春人はスマホを手に取る。

 

「良ちゃんから連絡ないし…」

 

このまま連絡もくれなかったりするのか…

 

表情が曇る春人。
その時スマホに新着メッセージが届いた。

 

「!」

 

パッと顔を上げる春人。
メッセージの差出人は良子だった。

 

良ちゃん…!
なんて書いてあるんだろう。

 

スマホの画面を前にピタリと手が止まる。

 

罵倒されても仕方ないし、それえだけならマシだ…

別れ話かもしれない…

開けるのが怖い

 

スマホをグッと握る。

 

…そんなこと思ってる場合じゃないだろ。早く見ないと。

 

開いたメッセージに書かれていた内容は…

 

『返信遅くなってごめん
一度きちんと話しよう。
来週の水曜日、仕事が定時で終わるから、春人がその日の夜とか大丈夫だったらどうかな?』

 

内容にホッとする春人

 

「…話してくれるんだ」

 

確か水曜はバイト18時までだから…

 

「うん、いける。『オレもきちんと話したい。19時に待ち合わせで大丈夫?』…と」

 

─これが…別れ話だったらどうしよう

いや…良ちゃんはちゃんと話そうって言ってくれてるし

 

「うん、大丈夫」

 

春人は祈るように自分に言い聞かせた。

 

こんなことで終わらせたりなんてしない─

 

 

そして約束の日。
春人のバイト先にて、すみれが春人に声を掛ける

 

「立花くん」
「はい。あ…すみれさん、おはようございます」
「…おはよう」
「今日シフト一緒だったんですね」
「うん…あ…あのさ」

 

すみれは気まずそうに少し視線を落とした後、春人を見て言う。

 

「あの日…彼女さんと大丈夫だった?」
「あ…はいまぁ…」
「…もしかして二人、ダメになった…?」

 

焦るように聞くすみれに春人は声を荒げる。

 

「な、なってませんよ、そんな縁起でもないこと。大体すみれさんがあんなこと…」

 

言いかけて我に返り焦る春人。

 

「そうだよね…ごめん」
「違うんです!今のは責めたりとかそういうつもりじゃなくて…!」

 

春人はあの後良子としっかり話ができなかったことと、今日会って話し合いすることを説明した。

 

「別れ話だったらどうしようとか色々不安になってて、だからその…八つ当たりしてすみません」

 

そう言って頭を下げた。

 

「え…やだちょっと頭下げないでよ」
「本当オレ情けないですよね、はは…」
「そんなことないよっ。本当に私が悪いんだし、立花くん何も悪くないよ」

 

すみれの言葉に春人は“ははっ”と苦笑しながら言う。

 

「ありがとうございます。でも兄にはオレが彼女を信頼してなくて正直に話さなかったせいだって言われたんですよね。オレもそうだと思うし」
「え?どういうこと?」
「彼女にほうんとうのことを言っても信じて貰えないって思うオレの方が彼女のこと信じてないって…」
「そんなことない!」
「え…」
「…普通言えないよ…それに私が、私が…秘密にしてって言ったから…」

 

すみれは申し訳なさそうに視線を落とす。
そんなすみれに春人はにこっと笑顔で返した。

 

「いやでも俺も自分がダメだったって思うし。今さら終わったこと考えてても仕方ないし。ちゃんと謝って良ちゃんに許してもらうしかないと思ってます」

 

そう言いながら切なそうに苦笑した。

 

「まぁまずは何もなかったって信じてもらえるかなんですけどね」

 

さぁ仕事仕事と手を動かし始める春人。

 

「……。…あ、あのさ立花くん」
「はい」

 

すみれは困ったような表情で春人に提案を持ちかけた。

 

「その話し合い…私も一緒に連れて行ってくれないかな」

 

To be continued…

キミのとなり。第2部 53話の感想

んー…なんだろうな。
すみれ、あれほど捻くれてた割には反省するのが早いというか…本心から悪いと思ってるのかな?
と疑ってしまいますね。

というか「一緒に連れてって」はどうなんだろう。これで春人が「じゃあ一緒に」なんてすみれ連れていったらなんの成長もしてないよな…笑
待ち合わせ場所に行ったら彼氏が元凶の女連れて待ってるなんて絶対イヤだーー!

コメント欄でも春人がすみれを連れて行くんじゃないかとハラハラしている様子です。

 

←前の話 第2部 52話「あなたの存在に」ネタバレ・感想」
→次の話 第2部 54話「マイナス」ネタバレ・感想

キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜第2部ネタバレ一覧へ

ちゃんとマンガで読みたい人はcomicoへGO!

コメント

タイトルとURLをコピーしました