キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜第2部 87話ネタバレ・感想【comico】

キミのとなり。感想・ネタバレ

スポンサーリンク

キミのとなり。第2部 86話のおさらい

第2部 86話ネタバレ・感想

スポンサーリンク

キミのとなり。第2部 87話のネタバレとあらすじ

「不安にならない恋がしたいんだ」

 

2人は話が終わると店を出た。

 

「今日はありがとう」
「うん…あの…っ、色々余計なこと言ってごめんね」
「全然いいよ、気にしないで。心配してくれてありがとう」
「春人…私ね、春人のこと本当に大好きだった」
「え…?」

 

りんかは当時のことを思い出すように、切なそうな表情で続けた。

 

「高校の時、「私以上に春人のこと好きな人はいない」「こんなに大好きなんだから春人だっていつか振り向いてくれる」って思ってたの。でも、恋愛ってそんな都合よくいかないんだよね」
「…」
「正直ね、フラれた時は結構堪えたんだよ」
「え、うそ…全然分からなかった。別れた時笑ってくれたし…」
「だってフラれるの悔しいじゃん。それにやっぱりね、少し引きずってたんだ。相田くんから好きって言われても、やっぱり春人のことはすぐには忘れられなかった」
「そうだったんだ。全然気づかなかった、ごめん」
「あはは。卒業するまで隠してたし、鈍感な春人が気づくなんて思ってなかったから大丈夫だよ」

 

りんかの本音が春人の胸にぐさっと突き刺さる。

 

「…りんか、結構言うね」
「あっ、ごめん」
「いやいいよ。なんか相田に似てきたね」
「え…はは…恥ずかしいな。春人からはそう見えるんだ」

 

りんかは顔を真っ赤にして驚くが、少し嬉しそうに笑った。

 

「そうだね。さっきの続きだけど、春人のこと忘れられなかた時、相田くんがずっと支えてくれててそれがすごく嬉しかった。この人なら好きになれるかもっていう気持ちから、好きに変わるまでそんなに時間掛からなかった。だから、春人の気持ちわかるよ」
「え…」
「好きになってくれる人を好きになる気持ち。さっきは…口うるさく言ってごめんね。私の中で春人と良子さんは特別だったから」
「そんな風に思ってくれてたのに…ごめん」
「ううん。私は春人の友達だから、春人が幸せが一番だって思う。今の彼女さんが昔の恋を忘れさせてくれるだけじゃなくて、春人にとって特別な人になればいいね」
「うん。ありがとう」
「うん」

 

りんかの言葉に春人は嬉しそうににっこりと笑った。
…と、そこへりんかの背後から声を上げながら猛ダッシュで駆け寄ってくる影が。

 

「ん?」
「あれって…」
「りんかー!!」

 

もちろん相田である。
驚くりんかが息切れ切れの相田に問う。

 

「え、なんで、バイトは⁈」
「マッハで今日の仕込み終わらせてあがらせて貰ってん」
「え⁈何で」
「そんなの心配やからに決まってるやん」
「ええ…そんな理由でありえない」
「なんでなん!酷!頑張ったのに」
「頼んでないし」
「りんか冷た…」
「もしかして春人のことまた好きに」
「バカー」

 

そのやきもちどうにかして!っとりんかの渾身の一撃が相田の頬にヒットした。
その様子を見て驚きながらも微笑ましく思う春人。

 

「はは、本当仲いな」
「せやろ!」
「ちょ…やめてよ恥ずかしい」
「いいな、オレもそういう関係になれるよう努力しなきゃな」
「ほんまやで。てかあのお隣のお姉さん彼女と最近どーなん?」
「えっ」

 

また気まずくなるのを恐れ、りんかが話を打ち切った。

 

「あーっと、春人今日はありがと。相田君には私から話しとくね」
「え⁈何々」
「うんじゃあよろしく。今日は話せてよかった」
「私も。また色々聞かせてね」

 

後ろでぎゃあぎゃあうるさい相田をりんかが連れ出す。

 

「もーうるさいなぁ。ほら行こ」
「密談するからやん。なんなんなんなんまさか俺がいたら出来ひん話して」
「はいはい」

 

その後ろ姿を見送り、春人は最後に声を掛けた。

 

「今度は皆で会おうなー!」
「当たり前や!2人っきり禁止な!」
「みんなに声かけとくね!」

 

─りんかみたいに、最初は好きじゃなくてもあんな風になれるんだな

自分のことを好きな相手を大切にすることが、一番幸せになれる近道なのかな

 

幸せそうな2人の関係を目の前で見た春人は、すみれに電話をかけた。

 

『…はい』
「あっもしもし、すみれさん?今大丈夫?…え?いや特に何もないけど友達カップル見てたらさ、すみれさんと話したくなったんだ」

 

─オレもあの2人みたいになれるかな

 

 

場面はすみれサイドに切り替わる。
すみれは、とあるホテルのロビーで春人からの電話を受けていた。

 

「うん、じゃあ次の休みに」

 

電話を切ると背後からすみれに近寄るひとりの男。

 

「男の声だ、すみれ」
「……先生」

 

それは昔、すみれが不倫していた塾の先生だった。
一見人の良さそうな優しい顔をしている。

 

「誰から?会えない間に新しい彼氏でも出来ちゃったかな」
「……違いますよ。ただの男友達です」

 

すみれは先生に肩を抱かれ歩きはじめた。

 

To be continued…

キミのとなり。第2部 87話の感想

あーーあ。
あーーーーあ!!!
ほんとすみれだな!
がっかり。
なにか訳があるのかな。ちゃんと関係切るために会うならまぁいいけど、「男友達です」だもんね。

 

ただ春人もりんかとの会話で「自分を好きになってくれる人を好きになる」って言ってたけど、別にすみれはまだ春人のこと好きじゃないもんね。
そこ勘違いしたらいかんね。
それにしても、りんかと相田の仲の良さを目の前で見せられたら確かに羨ましくなったり憧れたりしちゃうだろうな。
でもそれをすみれに求めちゃいけないね。

 

失恋したばっかで傷心中なのはわかるけど、春人ならもっと選べる女性多いと思うけどな。
まだ若いんだし、もっと視野を広げてほしいわ。。。
すみれはどこまで堕ちるんだろうか…。
ってか人の良さそうな顔して先生が一番最低だ〜!!o(`曲´ )o

 

←前の話 第2部 86話「嫌だった」ネタバレ・感想

→次の話 第2部 88話「本当の気持ち」ネタバレ・感想

キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜第2部ネタバレ一覧へ

ちゃんとマンガで読みたい人はcomicoへGO!

コメント

タイトルとURLをコピーしました