キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜第2部 111話ネタバレ・感想【comico】

スポンサーリンク

キミのとなり。感想・ネタバレ

スポンサーリンク

キミのとなり。第2部 110話のおさらい

第2部 110話ネタバレ・感想

スポンサーリンク

キミのとなり。第2部 111話のネタバレとあらすじ

すみれの携帯電話に春人からの着信が来た。
すみれは画面を見つめるだけで出ようとはしない。

 

ヒナ「電話〜?もしかしてあのイケメン彼氏〜?でないの?」
すみれ「うん。こんなとこで遊んでるなんて知られたくないからね」
ヒナ「え〜っ、なんかすみれの彼氏可哀そぉ〜。すみれのことなーんにも知らないんだね」
すみれ「え…?」
ヒナ「浮気されるのはもちろん知らないし、クラブ通いも知らない〜。本当の上辺だけの付き合いなんだね」
すみれ「そんなもんでしょ。まだ付き合ってそんなに日も経ってないし」

 

悠馬が戻ってきた。
2人の話が聞こえていたようだ。

 

悠馬「ふーん。じゃあさ、より戻した方が知ってんだ?クラブくるの」
ヒナ「あ、おかえりー」
すみれ「そっちの彼は知ってるわよ」
ヒナ「え〜っ!こんなとこ来るの許してくれるんだ、心広いね」
悠馬「てかさ、その人は奥さんと別れたわけじゃないんだよな?」
すみれ「別れてないけど離婚の話してくれてる。まぁ、だからかな。先生は…あっ先生ってその彼のことなんだけど。先生自身まだ離婚できてないから私がこういうとこ来ても何も言えないでしょ」
ヒナ「うっそー、ヒナは本命がこんなとこ来てたら絶対嫌。出会いの場じゃん、絶対無理〜」
すみれ「だって私浮気しないもーん」
ヒナ「?!!はぁ?してるじゃん二股!!!」
すみれ「まぁ片方は何も知らないからあれだけど、先生に提案されたからね。新しい彼とは別れないまま付き合っとけって」
悠馬「え…?」
すみれ「…ちょっと前に先生に連絡した時奥さんに見られていたみたいで、それでも私のバイト先で大暴れされちゃったんだけど。その時…私怪我したし、もし私が原因で別れるってなったら次は何をするかわからないから…新しくできた彼氏と付き合ったままにしといた方がいいって提案してくれたの」
ヒナ「カモフラするためってこと?」
すみれ「まぁそんな感じ」
ヒナ「なるほどねぇ。それだったら奥さんから何か言われても、自分には彼氏がいるからって言えば逃げられるし。実際に何も知らないNEW彼氏くんには、昔の男の嫁に迷惑かけられてるって言えば守ってもらえるからか!すみれ賢いじゃん♡」
すみれ「先生が考えてくれたんだよ」

 

黙って聞いていた悠馬が口を挟む。

 

悠馬「……それってすげえ調子よくないか?」
すみれ「え?」
悠馬「だってそれってお前を守ってるように見せて、男が自分の思い通りにすみれを動かしてるだけなんじゃねーの?本当にすみれのことが大切ならちゃんと別れてから迎えに来るもんじゃねーの?」

 

悠馬の言葉に動揺するすみれ。

 

すみれ「それは…私たちみたいに学生じゃないし、結婚してたら世間体とかあるからそう簡単にはいかないのよ…」
悠馬「世間体とか気にしてる奴なら尚更不倫相手と一緒になろうとするかな?すみれは好きだから分からないかもしれないけど、俺からしたらやっぱりただの都合のいい女になってる気がするよ、すみれ」

 

 

その頃、すみれに電話をかける春人。

 

春人「うーん、でないか…。たまに電話出ないよなぁ。急にバイト入ることがあるって言ってたし…大変だなぁ」

─一緒に働いてた時も仕事できる人だったから

新しいとこでも重宝されてんのかな、美人だし

 

春人「は〜〜っっ、せっかくバイト代入ったからデート誘うと思ったのになー。まぁどこへ行くかある程度探しとくかな…。「デート」「おすすめ」ショッピングモール…新しい服欲しいしありだな〜。えーっと、水族館…うーん、見るだけだしな。遊園地…遊園地はオレ良い思い出ないからなしだな…」

 

その時春人はふと思った。

 

─あれ…

すみれさんの好きなとこ…ってなんだ?

てかすみれさんって普段何してるんだろ

あれ…?バイト何してんだっけ…

オレ…付き合ってるけど彼女のことほとんど…

知らないな

 

To be continued…

キミのとなり。第2部 111話の感想

悠馬はすみれのこと好きなのかな?
最終的にはこの2人がくっつく気がする。
…ってくらいしか感想がない。

 

すみれだって本当は分かってるんだろうから、第三者に言われて現実を認められるといいね。
悠馬チャラそうだけど結構まともだな。

 

←前の話 第2部 110話「助言?」ネタバレ・感想

キミのとなり。〜年の差恋愛の事情〜第2部ネタバレ一覧へ

ちゃんとマンガで読みたい人はcomicoへGO!

コメント

タイトルとURLをコピーしました