【干物女子ブログ】干物女子の恋愛!〜彼氏をつくる方法とは〜

スポンサーリンク

管理人干物女子の皆さん。こんにちは、パレットです。
仕事に行く時すらメイクをしたくない干物女子上級者です。
なんの自慢にもなりませんね!

突然ですが、あなたが最後に男性とお付き合いしたのはいつですか?
ブログだからぶっちゃけますが、私が男性とお付き合いしたのは10年も前になりますね。
しかも全然続きませんでした。
それ以来誰とも付き合っていないし、恋すらしていませんでした。

何故か!
「めんどくさいから!」
この一言に尽きますね。

恋愛するにはオシャレが必要だし、そもそもこんな私が異性に相手にされるわけがない。
珍しくたま〜に気合いを入れてみると微塵も興味ない男が食いついてくっそめんどくさい展開になったりします。
もう二度と恋活せん!と、休日は引きこもり生活に逆戻り。
やっぱ変わらない日々が落ち着くわ〜。

でも心のどこかではやっぱりステキな恋愛に憧れていたりもしました。
これって干物女子あるあるじゃないですか?

結論から言いますと、私は干物女子の分際でステキな彼氏と出会うことができました。
ただの自慢ブログではありません。
干物女子でも彼氏をつくることは可能だということと、それに至るまでの私の恋活経験をお伝えしたいと思います。

もちろん確実な方法ではないので参考までにご覧いただきたいのですが、
「彼氏がほしい干物女子」の皆さんに、ほんの少しだけでもお役に立てると思います。



『おすすめしない恋活』

1,無料婚活アプリ・婚活サイト

ステキな恋愛に憧れて婚活アプリに登録したり、
パートナー探しのアプリに登録したり、家に出ない方向で相手探しをしてみたりしましたね。

このようなサイトやアプリを否定するわけではありません。
実際にパートナーを見つけることができた人が私の周りにもいましたからね。

ただ私には向いていなかったのです。
その理由は…

【相手の顔が見えない、若しくは本人か分からない】
パートナー探しのサイトやアプリですから、自分の顔写真を登録するのがほとんどなんですね。
でも自分の顔を載せてる人って少ないんです。
ペットの写真とか、趣味のバイクの写真とか。

例え話が盛り上がったとしても、相手の顔が分からないので友達以上に発展することはありません。
顔が分からないのに実際会うとか怖いし、もし個人的に写真交換したとしても本人かどうか疑ってしまう。
好みとかけ離れた顔だったらそれ以上やり取りできないし(失礼)、逆にこっちが興味あっても相手に気に入られなければそこで会話は終了です。

よっぽど気が合って楽しいメールのやり取りができていたのなら顔なんて関係ないかもしれませんけどね〜。

【的外れのおじさんばかりからメールが来る】
50歳の男性からとか…いやいやいや、おじさんっつーかお爺さんやん。
みたいな人とか。

あ、この人いいな♪と思った人は大体他の女性からも人気があるので、
よっぽどの美人や特技や、その人と共通の趣味などがないとまず相手にされません。

例えメールが来たとしても、「私に送ってくるなんてコイツ絶対サクラやな。」と疑ってしまいます。

【ストレスが溜まる】
またお爺さんや…
今日も興味ない人からしかメールが来ない…
この人絶対夜が目的や…
沖縄の人から来るってどういうこと!?(当方中部地方)
あ〜私ってそんなに魅力ないのかと痛感
あ、またお爺さんや…

そしてそっと退会ボタンを押す。

退会する前に退会理由を聞かれることが多いです。

Q,退会理由を教えてください
A,お爺さんからしかメールが来ません

退会ボタンをポチッ
…寝る。

どんなアプリでもまぁこんな感じでした。
きっと私に魅力がないのと消極的なのが問題なので、積極的な人には向いてるんだと思います。
果たして積極的な干物女子なんて存在するのか謎ですが。

もしこのようなサイトやアプリを利用するならちゃんと有料のものを使った方が良いです。
中には顔写真以外は登録してはいけないという本気サイトもあるそうですよ。

2,合コン・街コン

目的がはっきりとし過ぎているんですよね。
最初から恋愛!という。当たり前ですが…
ちょっと干物女子にはハードルが高いんです。

それに合コンの場合、最初に顔を合わせた時に「う〜ん、ないな〜」と思ってしまったら
男性陣によっぽど面白くて気が合う人がいない限り、干物女子にはただの苦痛の時間です。
私が知る限り干物女子って面食いが多いので。
それは男性陣の皆さんにも言えることなのでお互い様なんですけどね。

そして男性陣が食事代を持ってくれない人達だったらこの上ない無駄な出費になります。
せめて少しだけでも何か得るものがあれば良いんですけどね〜。

合コン・街コンは肉食系干物女子にはおすすめします(いないと思いますが)。

3,婚活パーティー

簡単にいうと合コンのお上品バージョンって感じですよね。
男も女も猫をかぶっています。
第一印象をよく見せるためには必要なことなので仕方ないのですが、その短時間で相手を判断して運良くマッチングしてその後続くの?

これはどちらかと言うと干物女子に対して言っています。

これで本当に相手のことが好きになって、自分もオシャレに興味を持ってステキ女子になれるならハッピーですよね。

ですが個人的にはその後相手と会う回数を重ねて、相手の本性や将来プランを探るのが億劫です。
だいたい婚活パーティーに参加する人って男女問わず何かしら難を抱えてる人が多いと思うんです。
もちろん自分も含めてですが。
中には今までよっぽど異性との出会いがなかった人もいると思いますけどね(同性ばかりの職場とか)。

私の周囲で実際に会った話ですが、婚活パーティーで見つけた相手が
・ストーカー気質の人で、交際を断ったらしつこくつきまとわれた(教えてないはずの職場にまで連絡が来たとか)
・実は既婚者だった
・ただの夜の相手(意味深)探しだった
など。

婚活パーティーに限ったことではありませんが、こっちは「恋愛目的」で頑張って行動に移した結果がこれではガッカリでは済みません。
場合によっては心も体も傷つきますからね。

婚活、恋活ってだいたいこの辺りの活動が主になるんじゃないでしょうか。
どれもこれもマイナスなことばかり言っちゃって。
じゃあどうしたら良いの!?って感じですよね。

ではようやく私が今の彼氏を見つけた方法を紹介します。

『おすすめの恋活』

・失敗例、成功例それぞれの共通点

ここまで紹介した「おすすめしない恋活」には共通点があります。
それは

“恋愛目的”でパートナーを探すこと。

当たり前のことなのですが、実はこれが失敗する原因です。
長続きする恋愛って何が特徴だと思いますか?

私の周りにいる仲良しカップルは
・職場恋愛
・学生の頃出会った異性と、友情から恋愛に発展
・「友達の友達」と仲良くなって恋愛に発展

これらの共通点は
“自分のことをある程度知っている人”です。

多くの人は初対面だと礼儀正しく、だらしない自分は隠します。
ただ、職場の同僚や学校の友達など嫌でも過ごす時間が長い人たちっていますよね。

時間が経つごとに自然体の自分になっていき、初対面の頃と比べると大きなギャップを出してしまったり、相手の意外な一面を見て見直すこともあると思います。
逆に良いと思っていた人の意外な一面を見てドン引きすることもありますよね。

過ごす時間が長いほど相手のことを知れるのは当然のことです。
パートナーを見つけるには婚活アプリやパーティー、合コンに参加して本性の分からない相手と億劫なやり取りをするより身近な人から探す方がうまくいくんです。

でも自分の周りには長く一緒にいるからってそんな魅力的な人いない…。
だったら新たに友達を探しましょう。

そう、「恋活」ではなく「友活」をしましょうという話です。

・コミュニティに参加する

コミュニティに参加する!
これです。

恋愛を目的としたものではなく、共通の趣味を持った人達が集まるコミュニティに参加するのです。
できればオフ会をやるコミュニティが望ましいですね。

・マンガ同好会
・小説読みのコミュニティ
・料理好き集まれ!

などなど探せばいくらでもありますね。
Amebaブログでもコミュニティはありますし、意外にmixiもまだ活きています(失礼)。
SNSはフル活用できるんじゃないでしょうか。
今の時代コミュニティアプリも探せば無名なものもたくさんありますが、中には怪しいものもありますので参加の際は自己責任でお願いします。

趣味がない!
そんな人にオススメするのは「地域の飲み友募集」です。
お酒が飲めない人でも参加OKなところは多いです。
他のどんなコミュニティよりもオフ会(飲み会)が多いですから友達もつくりやすいですよ。

私も「飲み友募集」でたくさん友達ができました。
大人になってから新しい友達ができることってそうないので貴重です。

因みに私が利用したアプリは「ジモティー」。
地元の掲示板♪ってだけあって本当に自分の地域の人と友達になれます。
私が参加している飲み会では、既婚者も未婚者も混ざっていますが皆んなの目的が「恋愛目的の出会い」ではないので本当に気楽です(中には恋愛目的の人もいますが)。
気分が乗らなければ参加しなけれ良いだけですしね。

何度か参加した飲み会で仲良くなった人とプライベートでもよく会うようになって、
そこから恋愛に発展しました。
出会いって実はどこにでも転がっているものですね。

まとめ

彼氏探しは「恋活」ではなく「友活」から!
自分にあったコミュニティに参加してみましょう。

私はこれからも一生独り身なんだろうな〜と思っていました。
でも正直、彼氏が出来たからといって私は今でも干物女子です。
面倒なものは面倒なんです。
今日のファッションどうしよう〜って自分のクローゼットの中の服の少なさに悩む日々です。
少しずつ女子力を磨いていこうと思います。

彼氏がほしい干物女子の皆さんの参考に少しでもなれたのなら幸いです。
ただ、今の彼に出会うまでに、悪い意味で癖のある男性との出会いも多くありました。
私では責任を負い兼ねますので、行動を起こす際は皆さんも充分ご注意ください。

〈関連記事〉
【干物女子ブログ】意識高い系干物女子のオシャレ術!

「誰かの力になる知識・経験・挑戦」記事一覧へ
ホームへ戻る

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。