巨大物恐怖症の原因は?克服はできるのか

スポンサーリンク

パレットこんにちは、巨大物恐怖症のパレットです。

今回は、あまり周囲に認知されていない恐怖症の一種
『巨大物恐怖症』についてお話したいと思います。

よく聞く恐怖症といえば高所恐怖症、閉所恐怖症、暗所恐怖症などが挙げられますが、
“巨大物恐怖症”って聞いたことありますか?

周りに話しても「なにそれ初めて聞いた」という人がとても多く、なかなか理解されがたい恐怖症です。

でもネットで検索すると巨大物恐怖症の人って思った以上にいるんですよね。
また、周りに理解されないなど同じ悩みも抱えているようです。

巨大物恐怖症という言葉を初めて聞いた方には「そんな恐怖症もあるんだなぁ」と知っていただけたら幸いです!

また、私と同様に巨大物恐怖症の方には「分かる〜!」と共感していただけたら嬉しいです。



1、巨大物恐怖症とは

巨大物恐怖症とは、その名の通り「巨大なものに恐怖を感じる」恐怖症の一種です。

  • 建築物、大仏など人の手で作られた巨大物
  • 大きな木や岩、雲など自然に存在する巨大物
  • 鯨、恐竜などの大きな生き物

代表的な対象はだいたいこの辺りになると思います。
巨大物恐怖症の人によって何が怖いかはそれぞれなんですよ。

例えば私の場合は、自然に存在する巨大物には腰を抜かすほどの恐怖を感じますが、
東京タワーや大仏などの人工物である巨大物にはそこまで恐怖を感じません。
せめてもの救いですね…。

ただ厄介なのが、実物の巨大物を目の前にしなくても写真や映像で対象の巨大物を見るだけで恐怖を感じることです。

というか、画像すら直視することができず、指の隙間から覗き見ないと閲覧できないレベルです。

巨大物を目の前にするとどうなるのか

高所恐怖症の人が高い所に行くと、足がすくんで腰が抜ける感覚になったり、実際にその場にへたれ込んでしまったりしますよね。

巨大物恐怖症も大体そんな感じです。

目の前に巨大なものが現れると、怖くてその場から動けなくなってしまい、場合によっては腰を抜かして倒れてしまいます。
人によっては泣き出す方もいます。

2、原因

恐怖症は基本的に過去のトラウマが原因であることが多いそうです。
ただ、 巨大物恐怖症は原因がはっきりしていないそうです。

一説には

  • 小さい頃に体の大きな大人に怒られた記憶がトラウマになっている
  • 恐竜時代にいた自分の先祖の遺伝子によるトラウマ

などの可能性が挙げられるそうですが、定かではないとのことです。

少なくとも私は、前者によってトラウマになった記憶はありません。

ただ、小さい頃絵本を読んでいてクジラの絵を初めて見た時に恐怖で体が強張り、動けなくなってしまったのを覚えています。

この時はまだ自分が「巨大物恐怖症」だという認識はありませんでした。

原因とは少し違いますが、巨大物恐怖症になる人には
“想像力が豊かな人”という共通点があるそうです。
これにはちょっと納得…!

3、恐怖症の対象

ここからは巨大物恐怖症の対象の話です。

人によって異なると思いますが、巨大物恐怖症のほとんどの人に共通するのではないでしょうか?

【自然物】

  • 入道雲のような大きくて分厚い
  • 持ち上げることのできない大きな
  • 視界一面に広がる 海・川・滝
  • 太くて背が高い 大木

『自然物の共通点』
これらの自然物の何がそんなに怖いのだろう…とよく考えたことがあります。
怖いことばかり想像してしまうのもそうですが、ひとつ思ったことが…

  • 砂粒 → 岩
  • 水滴 → 海

など、同じ分類の物で小さなものがあることを知っている分それが巨大化したと思うと怖いのかもしれません。

きっとラフレシアも目の前で見たら大変なことになりますね。

【動物】

  • クジラなど極端に体が大きな動物
  • 恐竜など、実際に動いているのを見たことのない動物も対象

【建造物】

  • 大きなビル
  • 東京タワー、スカイツリー
  • 奈良の大仏

【その他】

  • 宇宙 ・惑星の動画
  • PlayStationの地球防衛軍など巨大物が出てくるゲーム
  • 巨大物が夢に出てくるのも恐怖症発動

巨大物は何気にあちこちにありますので、意識してしまうとなかなか大変です。

4、巨大物恐怖症は克服できるのか

私も克服したくて色々調べたのですが、今のところ克服方法はないそうです。
多分慣れるしかないんだろうな〜という感じですね。

ただ、無理して慣れることは禁物です。

以前、巨大物恐怖症を克服しようと、私の1番の天敵である「クジラ」の画像をスマホでひたすら眺めることに挑戦しましたp(`m´)qファイ!

しかし画像一覧すら眺めるのが怖いわ
スクロールが怖いわ
間違ってクリックして大きな画像が表示されて発狂するわ
結構長い時間戦いましたが完全にクジラさんの勝利でしたね!

なんだか更に恐怖心が増した気がします。

巨大物恐怖症の皆さんも無理は禁物ですよ!

5、まとめ

こんなに手を震わせながらブログを書くのは初めてでした笑

巨大物恐怖症は想像力が豊かな人に多い傾向がありますが、
結局のところ巨大物恐怖症は現在、原因も克服方法も解明されていません。

とりあえず巨大物恐怖症というものを知らない人に認知してもらうこと、
巨大物恐怖症の人同士で共感して安心感を得ること。

今はこれが大事ではないでしょうか。

本当に理解されにくい恐怖症なので、周りに話すとたまに動画や画像を無理矢理見せてからかってくる人がいます。
怖がる様子を見ている方は楽しいかもしれませんが、本人は本当に必死です。
恐怖のあまり気を失うこともあり危険ですので、少しでも多くの人に巨大物恐怖症について理解していただけることを願います。

《関連記事》
氷食症の原因は貧血の可能性大!治療法はあるの?
借金ができた!リゾートバイト『旅館の仲居』で完済?経験談~前編~
唇荒れにリップが効かない人にはポーポークリームがオススメ!
高圧的な上司の発言集とその末路【イラスト付】

「誰かの力になる知識・経験・挑戦」記事一覧へ
ホームへ戻る

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。